※本日は183回目のひとさじの会の活動でした。

今日、ひとさじの会の活動に初めて参加しました。

私は、大学生ですが、学校の授業や課題などと関係なく、自分自身の興味で参加しました。

その興味とは、ホームレスの方達は私の知らない世界を良い意味でたくさん知っているだろうから、ぜひ聞いてみたいという軽い興味本位の気持ちです。

初めて見たホームレスの生活は私の知らない世界でした。

寝る時は硬い地面、暖かい毛布もない、お腹もいっぱいにならないという私が体験したこともない世界でした。

この活動に参加する上での私の目的は、ホームレスの人と話し、私の疑問を解決することです。

しかし、12月4日の活動では、積極的に話すことができませんでした。

相手のふところにどこまで踏み込んで良いか、どんな話をしたら良いのか、私が質問して相手は傷つかないかなどの不安があり、思い切った話ができなかったのです。

活動後に反省し考えた結果、もう少し相手のことを考えれば、相手と近い立場で話せる気がしました。

たとえば、初対面の人に自分の人生のことをペラペラと話す人はあまりいないでしょう。

なので、まずは、もっとこの活動に参加することから始めたいです。

そして、ホームレスの方達と仲良くなり私の疑問を解決していきたいと思います。

いずれは、私がホームレスの方を支え、ホームレスの方が私を支えるような関係性が築けたら良いなと思っています。

ひとさじの会は、私に知らないことを教えてくれ、非常に良く、楽しい経験をさせてくれました。

これからもこの活動に参加し、もっとたくさんのことを学ばさせていただきたいと思います。

ありがとうございました。